アーユルヴェーダのヘナカラー&セサミオイルスキンケアのシムシム ジャパン【公式】

SNSバックナンバー~水曜:アーユルヴェーダ~

SNSバックナンバー~水曜:アーユルヴェーダ~

古代から伝わる宇宙や生命の学問「アーユルヴェーダ」は、
しばしば、宗教のように混同されることがあります。

宗教というと、だいたいのものは、その宗教の神様が存在し、
神様などに対して祈るものですが、そもそも祈る(pray)とはなんでしょうか。

最近「祈る」という言葉については、
例えば、就職活動、転職活動をする場面で、
「お祈りメール」が来てしまった!!!と嘆くことが話題となりました。

これは、不採用の通知の際に、
「貴殿の今後益々のご活躍をお祈り致します。」
と、祈られてしまうことを、ブラックユーモア的に解釈しています。

また、先日、アメリカの高校で乱射事件が起きてしまった際に、
「トランプ大統領には、Twitterで『祈る』発言をするだけでなく、実際の銃規制を行ってほしい」
という生き残った高校生からの反論も話題となりました。

誰か特定の人のしあわせを祈る、不幸の出来事に対しての哀悼の意を込めて祈る、など、
神様にお願いをして祈る以外にも、様々な「祈る」がありますね。

アーユルヴェーダは、
宇宙と自我の一体感や、宇宙や心身の調和やバランスについて書かれている学問ですが、
ヤジニャ(ヤギャ)と言われる、マントラを唱えながら火を燃やす、「祈り」に相当する儀式があります。

サンスクリット語のお経のようなものであるマントラを唱え、
心身の健康を目指すヤジニャ(ヤギャ)、
これは、病気の治療ともみなされています。

皆さんは「祈り」を何に対して捧げますか?
アーユルヴェーダは捧げるというよりは、
調和を願う意味合いが強い「祈り」の概念があります。

不快に思ってしまうような「祈り」を受けてしまった時には、
あなたの心身の調和を祈ってくれているのだと考えてみてはいかがでしょうか?

«    »

マダムヘナ セール ヘナカラーはじめてセット オイルはじめてセット オイルプリングはじめてセット 在庫限り ポイント レビューを書いたら100ポイントプレゼント 新規会員募集 スマホにアクセスQRコード Mayoセミナーのご案内 初めての方へ お得な定期購入 社長ブログ
▼商品検索
キーワード:
タグ:
価格: