シムシム ジャパン / SimSimJapan【公式】

~健やかな「美しさ=体」と「幸せ=心」をサポートする~

アーユルヴェーダのヘナカラー&セサミオイルスキンケアのシムシム ジャパン

ヘナについて

ヘナについて

記事一覧へ

ヘナ インディゴ【★ヘナカラーを上手に染めるコ​ツ 全3回講座(2/3)】 | シムシムジャパン

ヘナ インディゴ | 天然ヘナの白髪染め、

ナチュラル・オーガニックの「シムカラー」。インディゴがブラウンやブラックを上手に染めるためのポイント!

ある程度白髪が増えてきますとヘナの葉に<インディゴ>をブレンドした「ブラウン」や「ブラック」をご利用になる方が多くなるかと思います。

この<インディゴ>、成分名は「ナンバンアイ葉」と言いましてジーンズなどを染める時に使われる藍になります。

ヘナだけですと白髪は「オレンジ」になりますがこの「オレンジ」に青い色味の<インディゴ>を加えることでブラウン系のお色になります。

まずはこの<インディゴ>が「ブラウン」や「ブラック」を上手に染めるためのポイント!になります。

 

【1】インディゴは油分が嫌い!

<インディゴ>は油分との相性が悪いため地肌や髪に油分が多く残っていると色の入り方に影響しますので、整髪料を付けている方や、地肌や髪に皮脂のベタ付きが感じられる方は、必ずシャンプーで汚れを落としてからヘナカラーをして下さい。 *シャンプー後はタオルドライのみで結構です。

 

【2】インディゴの色の変化の仕方

<インディゴ>は、染めた直後は緑系の色になり空気に触れて酸化することにより『緑→紫→藍色』と色が変化していきます。
よってヘナを洗髪した直後は、思ったような茶色や黒系の色になっていない場合があります。
そのような場合も2,3日すると徐々に色の変化が進み、落ち着いた色になることが多いのですが、まれに紫系のお色で変化が止まってしまう方がいらっしゃいます。
その場合は、次回染められる時はヘナ後にすぐにドライヤーはかけず、少し自然乾燥させてからドライヤーをして下さい。
熱風をあて乾燥させることで、色の変化が止まってしまう可能性があるためです。

 

【3】より色を濃く又は暗い色が希望の方

シムカラーEXは通常約40分、置いて頂くようご案内しておりますが、一度お試し頂いた後で、もっと色が濃い又は暗めのお色がご希望でしたら、40分以上置いてから洗い流してみて下さい。
置き時間が長いほど、濃く暗めのお色が入る確率が高くなります。
地肌や髪に負担のかかる化学成分は一切入っておりませんので、お肌にかゆみ等の不調が感じられないかぎり、長い時間おいて頂いても問題ございません。

色をよりしっかり発色させるには第1回目でご案内したオレンジとの2度染めもお勧めです。
こちらをご参考下さい。
 http://www.simsimjapan.com/category/henna-labo/

写真はオレンジの後にブラウン(左)、ブラック(右)を二度染めにしたものです。
doble

«    «