シムシム ジャパン / SimSimJapan【公式】

~健やかな「美しさ=体」と「幸せ=心」をサポートする~

アーユルヴェーダのヘナカラー&セサミオイルスキンケアのシムシム ジャパン

ヘナについて

ヘナについて

記事一覧へ

ヘナ 染め方のコツ【★ヘナカラーを上手に染めるコ​ツ 全3回講座(3/3)】 | シムシムジャパン

ヘナ 染め方のコツ | 天然ヘナの白髪染め、ナチュラル・オーガニックヘナの「シムカラー」。 上手な染め方のコツ最終回!  1,2回目で「オレンジ」「ブラック」「ブラウン」についてお話しさせて頂きまして、ラストは『クリア』…

続きを読む

ヘナ インディゴ【★ヘナカラーを上手に染めるコ​ツ 全3回講座(2/3)】 | シムシムジャパン

ヘナ インディゴ | 天然ヘナの白髪染め、 ナチュラル・オーガニックの「シムカラー」。インディゴがブラウンやブラックを上手に染めるためのポイント! ある程度白髪が増えてきますとヘナの葉に<インディゴ>をブレンドした「ブラ…

続きを読む

★ヘナカラーを上手に染めるコ​ツ 全3回講座(1/3)

 第1回目 白髪が無い方もある方もまずは『オレンジ』がお勧めです!    ヘナカラーは白髪の色のみを変化させるものなので『オレンジ』を使用した場合、白髪はオレンジになります。 よって白髪が目立つ方などは、『オレンジ』のみ…

続きを読む

★ヘナは素晴らしいハーブのトリートメント

  『ヘナ=白髪染め』とイメージされる方が多いと思います。 もちろん白髪染めとしてお使いになる方が実際一番多いのですが、ヘナは白髪に色を付けるだけでなくヘアマニュキュアのように髪をコーティングしてハリやコシをもたせてくれ…

続きを読む

【1】ヘナが粉末のパウダーになるまで

ヘナはミソハギ科の植物で、その葉のみを乾燥させ粉末にしたものです。 色々な産地がありますが、最高品質のヘナはインドのラジャスタン地方で栽培されています。 インドの伝承医学アーユルヴェーダでは薬草として大変重宝され古くから…

続きを読む

【2】ヘナを収穫するまで

雨季が終わって、乾季の時期にヘナを刈り取ります。 その理由は、雨が降ることによって、葉についた砂が落とされ、また、刈り取った後、大地の砂において乾燥させるためです。 ヘナのとれるソジャットは、あまり雨が降りません。そのた…

続きを読む

【3】パウダーになる前の大切な作業・・

刈ったヘナの葉はまず大地に広げ、太陽の下で乾燥させます。 この時に雨が降ってしまうと葉の色は茶系に変色し、またバクテリアなどが発生しやすくなるのでお天気がとても重要になります。 乾燥の工程は、葉の状態により数時間~数日行…

続きを読む

【4】マーケットへ

  数日間ソジャットのギラギラした太陽の下でヘナ葉を乾燥させた後、マーケットへ移動します。 ヘナ葉がたくさんある場合は、トラックで運び、そんなにない場合は、牛で運び、全然ない場合は、人が担いでマーケットまで運びます。 ヘ…

続きを読む

【5】葉がパウダーになるまで

マーケットで買ったヘナを今度は、パウダーにします。 ただし、完全にパウダーにはしません。 完全にパウダーにするのは、デリーの工場で行います。 なぜかというと、完全にパウダーにしてしまうと、茎や枝、種、砂などの不純物もパウ…

続きを読む

【6】シムカラーになるまで(パウダー編)

  ソジャットから運ばれた荒目のパウダーを選別機に掛けます。 ヘナ葉だけの純度高いものにするためには、枝や茎、種、砂などを選別しなければなりません。 これは、シムカラーだけの工程です。 シムカラーは、純度の高い…

続きを読む
1 / 212