アーユルヴェーダのヘナカラー&セサミオイルスキンケアのシムシム ジャパン【公式】

厳選成分のご紹介~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

厳選成分のご紹介~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

「リコリス/甘草(カンゾウ)」はマメ科の生薬で、その地下部(肥大根および地下茎)は甘草根とも呼ばれ、医薬品、化粧品などの原料として大きな需要があります。

甘草は日本で広く用いられている200種を超える一般用漢方処方薬の約70%に配合されており、漢方の中で最も汎用性の高い生薬です。例:甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

特に、甘草に根に含まれる主要成分※グリチルリチンは、肝機能改善や抗炎症作用、去痰(きょたん)、消化性潰瘍の治癒など、さまざまな薬効があるだけでなく、砂糖の150倍以上の甘さがあるため、天然甘味料としても、お菓子や醤油など多くの食品に使われています。また、※グリチルリチンは非糖質系甘味料のため、カロリーが低く、メタボリック症候群の予防にも役立つとして注目されています。

甘草のゲノムを解読できれば、ゲノム情報に基づいた効率的な育種を進めたり、※グリチルリチンをはじめとした薬効成分の生合成に関わる有用遺伝子を効率よく探索したりできるようになります。

2016年10月の発表によりますと、理化学研究所、千葉大学、高知大学、大阪大学の共同研究グループが、武田薬品工業株式会社の京都薬用植物園にある、甘草の中で最も上質とされる「ウラル甘草」を用いて、全ゲノム解読を行いました。

この研究結果により、分子レベルの技術を用いた育種法による甘草の国内栽培化、生産性の向上、生薬としての機能改変のほか、薬効成分の生産に必要な有用遺伝子探索が加速すると期待できます。


<参考サイト>

理化学研究所
プレスリリース
生薬「甘草」のゲノム解読に成功
-重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献-
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161024_1/

ハル薬局 生薬解説:甘草(かんぞう)
http://www.hal.msn.to/kankaisetu/chuyaku028.html


«    »

今、あなたにおススメの情報

シムシム製品の成分~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

今、あなたにおススメの情報

シムシム製品の成分~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

   アルニカ / ARNICA  


   アーマラキー (アムラ)(アンマロク果実)/ AMLA  


   インディゴ(ナンバンアイ葉)/ INDIGO  


   カシア(カシアアウリクラタ葉)/ CASSIA AURICULATA  


   グアガム(グアーガム)/ GUAR GUM  


   シカカイ(アカシアコンシナ果実)/ ACACIA CONCINNA  


   シャターバリ (アスパラグスラセモスス根エキス) / SHATAVARI   


   セイヨウハッカ葉(ペパーミント) / PEPPERMINT  


   ターメリック(ウコン根)/ TURMERIC  


   フルボ酸 / FULVIC ACID  


   ブッソウゲ花(ハイビスカス) / HIBISCUS  


   ブラーフミー(ツボクサ葉茎、パコパモンニエラ葉)/ BRAHMI  


   ブリンガラージ(マカ、タカサブロウ葉)/ BHRINGRAJ  


   ヘナ(ヘンナ)/ HENNA  


   ラベンダー花 / LAVENDER   


   リコリス / LICORICE(カンゾウ根エキス) : スペインカンゾウ  


   レモングラス(レモングラス葉)/ LEMONGRASS  


   ローズマリー(ローズマリー花・葉)/ ROSEMARY  



参考文献:
「化粧品成分用語事典2008 中央書院」
「化粧品成分辞典(インターネットに掲載)」
「身近な薬用植物 あの薬はこの植物から採れる」平凡社 指田豊 木原浩著
「最新版 アロマテラピー図鑑」主婦の友社 監修 佐々木薫

マダムヘナ セール ヘナカラーはじめてセット オイルはじめてセット オイルプリングはじめてセット 在庫限り ポイント レビューを書いたら100ポイントプレゼント 新規会員募集 スマホにアクセスQRコード Mayoセミナーのご案内 初めての方へ お得な定期購入 社長ブログ
▼商品検索
キーワード:
タグ:
価格: