アーユルヴェーダのヘナカラー&セサミオイルスキンケアのシムシム ジャパン【公式】

厳選成分のご紹介~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

厳選成分のご紹介~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

タカサブロウ(高三郎、Eclipta alba、シノニム:Eclipta prostrata)はキク科の一年草。水田雑草として多く見られ、その他湿気の多い土地に生えます。日本の本州以南、朝鮮、中国、東南アジア、南アジアに広く分布します。日本のものは史前帰化植物ともいわれます。

旱蓮草(カンレンソウ)の名で漢方に用いられ、またインドのアーユルヴェーダでも用いられます。タカサブロウという名の語源については諸説あるが不明。マカには、髪の色をもともとの黒い色に戻す作用があるといわれています。
インドでは、昔、刺青を入れたあと、マカの葉を刺青の上から刷り込むことにより、刺青を色濃く染めてきました。ヘアケアにあっては、マカは育毛ハーブとして活用されています。

別名ブリンガラジと呼ばれ、このブリンガとは、真っ黒な虫、髪を黒くするハーブとして親しまれます。

マカ(ブリンガラジ)には、「エクリプティンと呼ばれるアルカイド紅色染料」が含まれ、染色能力があり、髪の成長を促進させる。また、育毛オイルには、必ずといっていいほど、マカが使用されている。

«    »

今、あなたにおススメの情報

シムシム製品の成分~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

今、あなたにおススメの情報

シムシム製品の成分~ヘナ(ヘンナ)&ハーブ~

   アルニカ / ARNICA  


   アーマラキー (アムラ)(アンマロク果実)/ AMLA  


   インディゴ(ナンバンアイ葉)/ INDIGO  


   カシア(カシアアウリクラタ葉)/ CASSIA AURICULATA  


   グアガム(グアーガム)/ GUAR GUM  


   シカカイ(アカシアコンシナ果実)/ ACACIA CONCINNA  


   シャターバリ (アスパラグスラセモスス根エキス) / SHATAVARI   


   セイヨウハッカ葉(ペパーミント) / PEPPERMINT  


   ターメリック(ウコン根)/ TURMERIC  


   フルボ酸 / FULVIC ACID  


   ブッソウゲ花(ハイビスカス) / HIBISCUS  


   ブラーフミー(ツボクサ葉茎、パコパモンニエラ葉)/ BRAHMI  


   ブリンガラージ(マカ、タカサブロウ葉)/ BHRINGRAJ  


   ヘナ(ヘンナ)/ HENNA  


   ラベンダー花 / LAVENDER   


   リコリス / LICORICE(カンゾウ根エキス) : スペインカンゾウ  


   レモングラス(レモングラス葉)/ LEMONGRASS  


   ローズマリー(ローズマリー花・葉)/ ROSEMARY  



参考文献:
「化粧品成分用語事典2008 中央書院」
「化粧品成分辞典(インターネットに掲載)」
「身近な薬用植物 あの薬はこの植物から採れる」平凡社 指田豊 木原浩著
「最新版 アロマテラピー図鑑」主婦の友社 監修 佐々木薫

マダチ@ヘナ ハピネスママゃFめAッH ゃFめAッHぃbじめぃゃTット ゃFめAッHプリッEめ[ぃbじめぃゃTット 圃B広H限り ポイッEト ッビュッVを書いたら100ポイッEトプッゃVッEト 斁[規V員募集 ゃPマホぃHめuゃbゃTゃPQRゃEッVド MayoゃTミナッVぃごB内 初めぃぃ斃PぃN おZな定期賃V允E 礃Z镃Lブロめ[
▃V商品検Gu
ゃッVッbッVドV
ゃ\め[:
侁B栃V: